さいたま市大宮区の大宮駅近くの眼科ならミツイ眼科医院

ミツイ眼科トップページ
医院案内
診療案内
設備のご紹介
スタッフのご紹介
地図・医院概要
白内障小冊子配布画面
よくある質問
インフォメーション
電車・徒歩でお越しの方
お車でお越しの方
サイトマップ
モバイルサイト
設備のご案内
  設備のご紹介


グリーンレーザー光凝固装置(GYC-1000)
視野計

眼の内部で出血が起こっている、
網膜が剥がれている場合などに、
レーザー光線を使用して、網膜、虹彩、毛様体、
又は隅角光凝固術により、眼疾患の治療を行う装置です。

網膜剥離裂孔、糖尿病網膜症、黄斑変性症等の治療に
主に使用されます。


視野計
視野計

コンピュータ制御により、自動的に視野を測定する装置で、
緑内障や視神経疾患の有無・程度の診察に使用します。

緑内障とは見える範囲(視野)が
だんだんと狭くなっていく病気です。

視野の内どこがどの程度見えていないかを
正確に調べるのが視野検査です。

視野計は、主にものを見る中心部近くを詳しく検査します。
検査時間は片眼あたり数分から10分弱ぐらいです。


オートレフ
オートレフ

眼科の、いわゆる「視力の検査」において
もっとも基本の検査です。

オートレフケラトメ−タ−と呼ばれる自動測定器械で、
角膜の形状、屈折の度数を短時間で測定することができます。
この様に患者さんの判断に頼らないで、
眼屈折検査を行う方法を、他覚的屈折検査法と呼びます。

この検査で得たデ−タをもとに、実際の視力検査
(矯正視力検査)で見え方を調べます。


細隙灯(さいげきとう)顕微鏡
細隙灯(さいげきとう)顕微鏡

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という装置によって
眼球を観察する生体検査で、眼科の検査の中では、
視力、眼圧、眼底とともに、基本的かつ重要な検査です。

検査は、細隙灯というスリットランプからの細い光で
眼球の各部を照らし、それを顕微鏡で拡大して見ます。
結膜、涙点から角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体、
硝子体等の組織を観察し、肉眼ではわからない
眼表面、及び眼内の異常を見つけ出します。

検査を行うときは、患者は装置の前に座り、
あごを台に載せて額を固定します。
医師は光を眼球にあて、顕微鏡を通して観察します。
光を使いますので、この検査は暗い部屋で行います。

なお細隙灯顕微鏡は、眼圧測定や眼底検査にも使います。


眼圧計
眼圧計

眼圧測定とは緑内障の検査のひとつです。

自覚症状がなくても眼圧を測定することで
緑内障の早期発見が可能です。

検査はとても簡単で両眼でも1分くらいで終わります。
測定装置の前に座って台にあごを載せ、
眼を開けておいて頂くだけです。
装置から眼球に向かって自動的に空気が発射されます。
初めての方はちょっとびっくりされますが、痛くありません。

何回か測定し、その平均値を採用します。
正常値は10〜21mmHgです。
定期的に検査を受けられることが早期発見に役立ちます。


TOPに戻る
ミツイ眼科医院 〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町2-75 大宮フコク生命ビル2階 TEL:048-644-0031

トップページ
【医院案内】診療案内] [設備のご紹介][スタッフのご紹介][医院概要
【インフォメーション】電車・徒歩でお越しの方][お車でお越しの方][サイトマップ

 line

COPYRIGHT(C)2008 さいたま市大宮区 ミツイ眼科医院 ALL RIGHTS RESERVED.